School Post

MENU
2020年度都立高校推薦入試対策講座



中学技能教科「美術」攻略、一点消失図法と二点消失図法の書き方

中学技能教科「美術」攻略、一点消失図法と二点消失図法の書き方
絵を描くことが苦手だという生徒は少なくありません。「電車の線路を絵を書いて」と言って、書かせてみても、平面のペタっとした絵を書きがちです。
中里 太一(なかざと たいち)

執筆

中里 太一(なかざと たいち)

「構図」が取れると描けるスケッチが変わる

こういう絵を書く理由は「構図」が取れていないからです。この絵を書いた生徒に「構図」を教えて、もう一回書いてもらいました。それが下の絵です。


構図:一点透視
電車自体のパースは二点透視になっています

最初の絵とは全く違います。このように「構図」を取って描くと、絵が変わります。構図の取り方は美術の筆記テストでも出題されます。今回は「構図」の中でも、一点透視図法二点透視図法の書き方について解説します。スケッチの苦手な人は、これができるようになれば、奥行きのある上手なスケッチができる第一歩になります。

一点透視図法をマスターする

「一点透視図法」の特徴は、ヨコは平行、タテは垂直。奥行きが1つの点に集まる図法です。透視図の一番基本になるものです。まずは、立方体を描くことで書き方の手順を理解しましょう。

書き方の手順

  1. 水平線を書きます。
    長さや高さに決まりはありません。何度か練習していく内に加減がわかります。水平線を上の方に書くと、上から見下ろした絵が描けます。

    《水平線が上→上から見た図》


    それに対して、水平線を下の方に書くと下から見上げた絵が描けます。

    《水平線が下→下から見た図》

  2. 消失点を決めます。
    【用語の説明】
    消失点は物体の奥行きが集まった点です。物体は消失点に向かって小さくなっていきます。
    【注意点】
    一点消失図法の場合は、消失点を1つ決めます。
    消失点をどこに置くかは、どういう絵を描きたいかによります。絶対にここにしないといけないということはありません。ここは練習して感覚をつかみましょう。
  3. 正方形を作ります。
  4. 奥行きは消失点に集合させます。
    【注意点】点線で表現しましょう。実線で書くと、線だらけになり、判断がつきにくくなります。
  5. 側面の正方形を作ります。
    【補足】
    どちら側から書いてもいいのですが、図がたくさん見えるので、奥の方から作ったほうが、正確な図形が作りやすいです。
  6. 残っている部分は、ヨコは平行に書いて、タテは垂直に書きましょう。

これで完成です。慣れればどんどんうまくなります。まずは、消失点に集めるという感覚をつかめると良いですね。

二点透視図法をマスターする

一点透視図法とは書き方が違います。大きな違いは、消失点が2つあることです。では、書き方を説明します。

書き方の手順

  1. 水平線を書きます。
    一点透視図法と同じ要領です。
  2. 立ち上がりの1辺を書きます。
    長さは適当でOKです。描きたい図形の大きさにより変わります。
  3. 消失点を1つ設定します。
    →右側の奥行きを集合させます。
  4. 消失点の2つ目を設定します。
    →左側の奥行きを設定します。
    【補足】
    一点透視図法と同じように、どこに置かなければいけないというルールはありません。練習して、どこに置くべきかの感覚を掴んでください。
  5. 奥行きの長さは、正方形になるように描きます。
  6. それぞれの消失点に奥行きは集合させます。
  7. 交わったところを結べば完成です。
  8. 一応、ルール通りに作ると、このような形になります。ただ立方体というには、少し違和感がありますよね?
    これだと、ちょっと角度が急すぎるって分かりますか?
    そこで、もっと上手に書くためのコツを教えます。

    ポイントは、2点の消失点を離して書くということです。どれぐらい離すかは、書きたいものによります。
    今回は立方体なので、底面は90度ですよね?
    だから、消失点1と2が90度になるように消失点の2を設定します。

    すぐにはうまく描けるようにはなりません。練習は当然必要です。でも、今回お伝えしたルールを守りながら練習をしていけば、今までよりは数段上のデッサンができるようになります。

    【おまけ】
    色のつけ方についてはこちらをご覧ください。
    複雑な立体の描き方についてはこちらをご覧ください。

中里 太一(なかざと たいち)

執筆

中里 太一(なかざと たいち)