School Post

MENU
PAGE TOP

中学技能教科「音楽」攻略、音符を読めるようになるには

中学技能教科「音楽」攻略、音符を読めるようになるには
中学校の音楽のテストで出題される楽典。つき詰めると、とても難しく、さまざまな知識が必要です。 そこで、今回はここまでを知っておけば、学科のテストでもアルトリコーダーなどの楽器で演奏する場合でも対応できるという知識を教えます。
中里 太一(なかざと たいち)

執筆

中里 太一(なかざと たいち)

基本を覚えよう

下の楽譜を見てください。

例1

例1の場合、これはハ長調とよばれる音階(音の順番)です。これが基本の楽譜です。まずはこの楽譜を覚えましょう。左から順番にド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ドです。そこから先は、この間隔でそのレ・ミ・ファ・ソ…と上げていけばいいし、左に下げていく場合は、シ・ラ・ソ・ファ・ミ・レ…といていけばいいわけです。このハ長調の場合、□で囲まれた部分の音名は「ミ」です。

慣れるために例題を解いてみましょう。

Q1

A1


例1の□で囲ったドの位置からレ、ミ、ファ、ソと一つずつ上げていくとラになりますよね。

Q2


A2


例1の□で囲ったドの位置から一つずつ下げていくと、下げていくとラになりますよね。

音名と階名の違い

学科のテストだと、学校によって、「音名を答えなさい」という問題が出題される場合と「階名を答えなさい」という問題が出題される場合があります。

まずは違いを説明します。 音名=その音自体の絶対的な音の名称=同じ位置にある音符は、いつも同じ音の名前。 階名=主音の位置によって変化する相対的な音の名称=状況によって同じ位置に書いてある音符でも名前が変わる。

ということですが、これではよくわからないと思います。では、まず、音名を説明します。

先程の例1の楽譜を見てください。

例1

このハ長調の場合、□で囲まれた部分の音名は「ミ」です。また、階名も同様に「ミ」です。

例2

例2について説明する前に、例1との違いはわかりますか?
例2の方だけ、左上に♯という記号がついていますよね?

これはト長調と呼ばれる音階です。(~長調とか~短調という名称自体は、とりあえずは不要です。)
□で囲まれた部分の音名は「ミ」です。しかし、階名は「ラ」になります。

階名は、状況によって、音の呼び方が変わります。だから、それを見分けなければいけません。ただし、学校の先生もそこまでは求めないはずです。可能性として、その時に練習していた曲について、聞がれることはあると思いますが、見たことのない曲で、例2のような左上に♯があるような楽譜を使って階名についての理解を試されることは、おそらくないでしょう。したがって、音名=階名という理解でOKです。つまり、どちらで聞かれても、聞いていることは同じです。

ト音記号とヘ音記号の音符の読み方

これは、先程勉強した階名です。左から順番にド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ドです。これが基本になるので、まずはそれぞれの音符の位置と読み方を覚えましょう。では、次の図を見てください。

例3

例1との違いがわかるでしょうか。

例1は一番左が

というマークになっているのに対して、例3は、

というマークになっていますよね。ここのマークが違うと、同じ位置でも音名は変わります。

ト音記号とヘ音記号の違いは、主に、ト音記号は、高音部を表し、ヘ音記号は低音部を表します。ですから、基本的にト音記号のマークのイラストは高音部を担当し、ヘ音記号のマークのイラストは低音部を担当することになります。

音符の考え方は例4のようになります。

例4

例題を解いてみましょう。

例題3


例題3:解答

例4の□で囲ったドを基準に一つずつ下げていけば出来ますね?そこから2個下なので、ド→シ→ラということで、答えはラになります。

例題4


例題4:解答

例題3と同じように例4の□で囲ったドを基準に一つずつ下げていけば出来ますね?そこから5個下なので、ド→シ→ラ→ソ→ファ→ミということで、答えはミになります。

ここまでのことを理解できれば、もう音符に関しての理解は十分です。

中里 太一(なかざと たいち)

執筆

中里 太一(なかざと たいち)