School Post

MENU

【原稿用紙の使い方まとめ】題名や氏名、本文の書き方ルール

【原稿用紙の使い方まとめ】題名や氏名、本文の書き方ルール
作文や小論文で何かと使うことの多い原稿用紙。でも、書き始めると案外使い方に迷うもの。そこで、原稿用紙の正しい使い方とルールを全部まとめて解説。これで今日から原稿用紙で悩むことはなくなります。
石井 知哉(いしい ともや)

執筆

石井 知哉(いしい ともや)

作文・小論文の題名の書き方

原稿用紙を前にして、最初の書き出しの部分です。ここのルールが曖昧で自信がなく「読書感想文」自体が書けなくなってしまう、、なんてお子さんも少なくないはず。サッと確認して次に進んでしまいましょう。

ルール①

題名は、上を2〜3マス空けて書く(最初の1行を空ける場合もある)。

作文・小論文の氏名の書き方

ルール②

氏名は、題名の下か、次の行の下の方に書く。下を1〜2マス空け、姓と名の間は1マス空ける。

ちなみに、都立高校などの入試問題などで作文・小論文が出題される際は、「題名・氏名は書かず、本文から書き始めよ」と指示される場合があります。このような場合は、指示に従いましょう。

作文・小論文の本文の書き方

さあ、いよいよ本文です。もしかしたら、原稿用紙に対して複雑なイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、ルールはそこまで多くはありません。サッと目を通しておけば問題ないでしょう!

ルール③

最初の書き出しは1マス空ける。さらに段落を変える時は、改行して、書き始めを1マス空ける。

ルール④

読点[、]や句点[。]は1マス使う。しかし、これらが行の最後になる場合は、読点・句点は最後のマスの文字と一緒に書く。
「?」や「!」などの符号のあとは1マス空ける。ただし、次が閉じかぎ[」]の場合は1マス空ける必要はない。

ルール⑤

縦書きの場合、数字は原則として漢数字(一、二、三、・・・)を使う。

ルール⑥

会話文は「 。」で囲み、改行する。

ルール⑦

「」類は原則1マス使う。ただし、会話の最後の句点[。]と閉じかぎ[」]は、一緒のマスに書いてよい。

ルール⑧

リード(・・・・・・)やダッシュ(ーー)は2マス分使用する。

以上が、原稿用紙の基本的なルールです。「題名・氏名」、「本文」の使い方・ルールは合わせても10個もありませんね。

作文・小論文や読書感想文のための専用教材

School Postでは、文章の書き方を上達させるためのオリジナル教材を開発しています。

  • 日本語のルール
  • 接続語の正しい使い方
  • 段落の組み立て方
  • 文章全体の構成

など、「目から鱗」の情報が盛りだくさんです。ご興味のある方はぜひご覧ください。

石井 知哉(いしい ともや)

執筆

石井 知哉(いしい ともや)