School Post

MENU
PAGE TOP

都立推薦入試の「作文・小論文」を勝ち抜く術

都立推薦入試の「作文・小論文」を勝ち抜く術
東京都立高等学校への一つの道「推薦入試」。非常に人気のため、狭き門として知られています。「集団討論」「作文・小論文」「面接」の3本柱の内、「作文・小論文」について合格のためには何が必要で、どういった対策が効果的かご紹介します。
石井 知哉(いしい ともや)

執筆

石井 知哉(いしい ともや)

都立推薦入試の作文・小論文とは

作文・小論文は、ほとんどの学校が50分程度の試験時間を設けています。字数は大体500~600字の課題が1問という学校が多いようです。中には50~80字などで答える課題が3問出題される学校もありますので、入試情報はよくチェックしておきましょう。

出題傾向の強いテーマは4つ!

作文のテーマは当日にならないと発表されませんから、事前に準備しておくことは出来ませんが、傾向などからある程度絞ることはできそうです。都立入試の作文・小論文でよく出題されるテーマをご紹介します。

  • 中学校生活(これまで)
    中学校生活に何をしたか、その経験から何を学んだか、というお題があります。
    【過去の出題例】
    「中学生活で一番頑張ったことは?」
    「中学校で努力したこと、また高校で努力したいことは?」
    など他
  • 高校生活(これから)
    高校のこと、入学後、卒業後のことなど高校生活について問われるお題も多くあります。
    【過去の出題例】
    「本校の教育目標を踏まえ、どのような高校生活を送りたいと考えているか?」
    「将来の目標と、それの実現を踏まえて高校生活で大切にしたいものとは?」
    など他
  • 社会・時事問題
    こちらも多く出題されています。ニュースをチェックし自分の考えを整理しておくといいでしょう。
    【過去の出題例】
    「日本の食料自給率について資料を見て考えを述べなさい」
    「情報機器が広がる現代、人とのコミュニケーションで大切にしていることとは?」
    など他
  • 言葉・ことわざ
    言葉について、考えさせられるお題もあります。
    【過去の出題例】
    「“我慢する”とは、どういうことか?」
    「“灯台下暗し”について、体験を基に説明せよ」
    など他

以上のように、テーマは多岐にわたるのです。これらを全て前もって予想して準備するなど不可能ですが、自分の中にしっかりとした軸があり、自分の言葉で伝えられるようになっていれば、問題ありません。

作文・小論文を正しく書くための知識と技術

  1. 作文・小論文の流れを知る
  2. まずはどういった流れで書きあげていくかを知ることが大事です。思いついたまま書き出しても、軸がぶれてしまい、「何が言いたいのか」が曖昧な文章になってしまいます。

    そのため、次の手順で書き進めるのが理想的です。あとは時間との闘いですね。
    1. 主題を設定する
    2. 材料を集める
    3. 構想を練る
    4. 記述
    5. 確認・修正
    6. 清書する

  3. 正しい文章を書く
  4. 意識をしていないと意外にちぐはぐな文章になってしまいがちです。ポイントはいくつかあります。
    主語・述語をはっきりさせる」「適切な接続詞を使う」「修飾語・被修飾語の関係を見直す」「文体を統一する」などなど。
    基本的なルールを知っておくだけで随分変わります。上記の例で「?」とお思いの方は、要注意です。

  5. 豊かな表現を心掛ける
  6. ここはある意味「+α」の領域です。使いこなすことができれば、強力な武器となるでしょう。例えば、「反復」「擬人法」「倒置法」「比喩」などが代表的な手法ですね。一つひとつを正しく使うことによって、文章の幅を広げることができるのです。

    また文を引き締めるためには、「一文を短くする」「言葉の重複を避ける(二重表現)」なども知っておかねばなりません。だらだらと、ただ長いだけの文は、読む側からすると面白くありませんから。

「都立高校 推薦入試 対策講座」開催が決定しました

School Postでは、東京都立高校の推薦入試に向けた対策講座を毎年冬に開催しています。

▼2018年度・講座概要▼

  • 実践対策コース
    【開講日】
    2018年1月7日、14日、20日、21日

    面接、集団討論、作文・小論文の実践指導・練習をたっぷり行います。「実践練習を多くしたい」という方にオススメです。

「都立高校 推薦入試 対策講座」が1冊の本になりました

School Post編集室では、2014年度から毎年実施している「都立高校 推薦入試 対策講座」を1冊の本にまとめました。

その名も『推薦入試対策の教科書』。

「面接」「集団討論」「作文・小論文」の基礎から応用まで、合格のためのノウハウをたっぷりと詰め込んでいます。

  • 面接で何を話せばいい?
  • 集団討論でついていけなかったらどうしよう。
  • どんな質問がされるの?
  • 作文と小論文の違いがわからない。
  • どうやって書いていけばいいのかわからない。
  • 原稿用紙の使い方がわからない。

こんな悩みを持つお子さん、親御さん。まだ諦める必要はありません。本書を読めば、上記のような悩みは解消し、読む前と読んだ後では大きく差がでることでしょう。

今から対策しても間に合わないんじゃないの?
そんなことはありません。まだ間に合います。本書を1回読めば、多くの疑問が解決するはずです。

都立高校の推薦入試で求められているのは「人間力」です。都立高校の推薦入試の対策を通じて学んだ知識や技術は、なにも高校合格のためにだけ使えるものではありません。大学受験でも、就職活動でも、社会に出て働くようになってからも、ずっと活きるものです。

石井 知哉(いしい ともや)

執筆

石井 知哉(いしい ともや)