School Post

MENU

お母さん、都立推薦で合否を調査書点だけで決めていたのは一昔前ですよ

お母さん、都立推薦で合否を調査書点だけで決めていたのは一昔前ですよ
「中学校から推薦がもらえた」だけで喜んでいる方、「推薦は99%合格」と思っている方、赤信号です。その考え方は、古い。都立推薦は合格率30%の狭き門、『運』だけで勝ち抜けるほど甘くはありません。
石井 知哉(いしい ともや)

執筆

石井 知哉(いしい ともや)

こんな都立推薦の考え方は間違っています

「中学校から推薦がもらえた」だけで喜んでいるお子さんはいらっしゃいませんか?
「推薦で受ければ、ほぼ100%受かるんでしょ?」なんて考えている親御さんはどうでしょう?

もし、ご自身がそう思っているのだとしたら、即刻考え方を改めてください。また周りの方が、そのように発言していたら、そっと教えてあげてください。

合否を決めるのは、中学校ではありません。あくまでも中学校は推薦者です。「推薦で受ければ、ほぼ合格」は古いイメージです。2014年現在において、その考えは非常に危険です。

「そんなこと分かっているよ」と思われた方、さすがです。そんな方はきっとご存知でしょうが、都立推薦の倍率は一般入試と比べてはるかに高い数値です。2014年度のデータで都立推薦入試では、受検者の何%が合格すると思いますか??

  1. 約60%
  2. 約50%
  3. 約40%
  4. 約30%

Hint:一般入試の場合、受検者の70%が合格となります。

答えは「4」の30%。半分以上が落ちる入試なのです。推薦入試の合格者枠というのは、東京都全体で決められていますので、それ以上の受検者は必ず落ちてしまうのです。

「推薦入試は、ほぼ合格」と考えていた方、この数値をみて、まだそのように考えられますか?

2013年度から都立推薦は制度変更を行った

「いやいや、俺の時代は内申点で決まっていたぞ」「あれ、私の時代と違うのかしら?」なんて方もいるかもしれません。

その通りです。都立推薦の制度は変わっているのです。特に、少し前にも大きな変更がありました。では、その変化について間違っているのは、次のうちどれだと思いますか??

  1. 調査書点の比重が最大50%となった。
  2. 全ての高校で調査書点はほとんど考慮されず、当日の試験で合否が決まる。
  3. 原則、全ての高校で、「面接」「集団討論」「作文または小論文」が行われる。
  4. グループ面接はなくなり、個人面接のみになった。
  5. 出願時には『自己PRカード』も提出し、これも得点化する。

Hint:間違った情報は2つです。残り3つは本当の変更点です。

答えは②と⑤です。

どの高校でも、必ず調査書点を考慮します。調査書点の評価比重について2013年度の制度変更で変わったのは、①の評価比重の最大が50%という点です。それまでは調査書点が70%や80%を占めるという学校もありましたから、この変化は大きいものとなるでしょう。また、⑤の『自己PRカード』は願書と合わせて提出するものですが、これは面接の際の資料とするに留まり、得点化することはありません。

③・④は実際に行われた変更です。都立高校の推薦入試では、一般入試では測ることの難しいコミュニケーション能力や表現力というところも評価の対象としているのです。

「成績が良くて、真面目で大人しい」が武器ではない

ここまでで、もう都立推薦が今までのものではないことは分かって頂けたのではないでしょうか?今は、調査書点(内申点)だけで決まる、ということはありません。最大50%です。

残りの半分以上は、当日の入試結果です。しかもそれらは学力だけをみるものではありません。一夜漬けで、どうにかなるものでもありません。

受検対策として勉強を見てあげられても『面接』や『集団討論』『作文・小論文』までもを、しっかりと教えてあげられるという親御さんは少ないのではないでしょうか。それは学校の先生、塾の先生も同じだと思います。普段教えている分野ではありませんから。

そのため、しっかりと“対策”をしてくる受検生は多くありません。 だからこそ、きちっと対策をすべきなのです。

内申点に自信がないお子さんは、逆転合格のチャンスですから。反対に自信があるお子さんは、気が抜けません。とはいえアドバンテージはあるわけです。気を引き締めて対策をしていけば、“鬼に金棒”でしょう。

この制度変更の波に乗れるかは、これからの対策の方法にかかっています。

今年も「都立高校 推薦入試 対策講座」を開催します

School Postでは、東京都立高校の推薦入試に向けた対策講座を期間限定で開催しています。
毎年、多くの受講生を難関校・人気校合格へと導き、「この講座を受けて本当に良かった!」とご好評を頂いています。
6年目となる今年度は、更にパワーアップ。「推薦入試対策のトップランナー」として、盛りだくさんの内容をお送りします。

▼2019年度・講座概要▼

  • 自己PRカード作成コース【1日完結】
    開講日:2018年12月23日
    面接の成功に直結する『自己PRカード』の作成を基礎からみっちり指導します。「短期間でより良いものを書きたい」という方にオススメです。
  • 実践対策コース【全4日間】
    開講日:2019年1月6日、12日、19日、20日
    面接、集団討論、作文・小論文の実践的な指導・練習をたっぷり行います。「実践練習の時間を多くとりたい」という方にオススメです。

▼日程が合わない方・一般入試対策をご希望の方は▼

  • 都立高校入試 合格ゼミ
    開講日:毎週土曜日、日曜日(一部、変則日程となります)
    推薦・一般とも都立高入試を知り尽くした講師による、完全少人数制の講座です。
    日程や受講時間を選べます。「都立高校 推薦入試 対策講座」の担当講師が授業を担当します。推薦入試はもちろん、一般入試5教科の対策にもバッチリ対応。「推薦対策講座の日程の都合がつかない」「推薦対策と一般対策のバランス取りがわからない」という方にオススメです。無料体験受講も実施中です。

『推薦入試対策の教科書』最新版が完成しました

今年も、「都立高校 推薦入試 対策講座」のエッセンスを1冊の本にまとめました。

その名も『推薦入試対策の教科書』。

「面接」「集団討論」「作文・小論文」のそれぞれについて、基礎から応用まで、合格のためのノウハウをたっぷりと詰め込んであります。担当講師が講座のために書き下ろした完全限定品です。

2015年の初版誕生以来、受験生や保護者の方々はもちろん、塾や学校の先生など、教育のプロの方々からも高い評価を頂いてきた本書は、講座受講生の声や最新の入試傾向を取り入れ、毎年改訂を重ね続けており、まさしく「推薦入試対策のデファクトスタンダード」と呼ぶにふさわしい内容となっています。

推薦入試に向けて、不安が1つもないのであれば、おそらく本書がお役に立つことはありません。しかし、もし次のような疑問を少しでもお持ちなら、本書が少なからずお力になれることでしょう。

  • 面接の評価のポイントと攻略法とは?
  • 面接ではどんな質問がされるの?
  • 面接を有利に運ぶ『自己PRカード』を書くには?
  • 集団討論の評価のポイントと攻略法とは?
  • 集団討論の流れについていくには?
  • 集団討論でどう議論を進めるべきか?
  • 作文・小論文の評価のポイントと攻略法とは?
  • わかりやすい日本語の文章を書くには?
  • 説得力のある文章を書くには?
  • 書き出しからまとめまで何をどう書くべきか?
  • 原稿作成をスムーズに進める手順とは?
  • 志望校の出題タイプの攻略法は?

実は、ほとんどの受験生や親御さんが、推薦入試に向けて、大小様々な不安を抱えています。ですから、それを克服できるかどうかが「推薦の合格・不合格の分かれ道」となるのです。

本書を読めば、上記のような悩みは解消し、読むか読まないかでは、大きく差がつくことでしょう。

今から対策しても間に合わないんじゃないの?
そんなことはありません。まだ間に合います。本書を1回読めば、多くの疑問が解決するはずです。

都立高校の推薦入試で求められているのは「人間力」です。
■ コミュニケーション能力
■ 思考力 / 判断力 / 表現力
■ 協調性 / 将来性 / リーダーシップ
■ 言語表現能力 / 論理構成能力
など、多岐に渡ります。

都立高校の推薦入試の対策を通じて学んだ知識や技術は、なにも高校合格のためにだけ使えるものではありません。大学受験でも、就職活動でも、社会に出て働くようになってからも、ずっと活きるものなのです。

石井 知哉(いしい ともや)

執筆

石井 知哉(いしい ともや)