School Post

MENU
PAGE TOP

3ステップで伸びる!定期テストの正しい勉強手順

3ステップで伸びる!定期テストの正しい勉強手順
「テレビばっかり見ていないで、勉強しなさい」「テスト前だというのにスマホばかりいじってちっとも勉強しない」・・・。テストが近づくにつれ、よく聞くフレーズです。お子さんも「勉強をしなければ!」とは思うものの、「どう勉強したらいいかわからない」というケースは意外と多いのです。また、「うちの子、勉強しているみたいだけどテストの点は伸びないのよ」と感じる方は、お子さんの勉強方法は間違っていないか、確認することをお勧めします。定期テストの勉強方法は、たった3つのステップを踏むだけです。順序良く踏めば、点数は上がります。
石井 知哉(いしい ともや)

執筆

石井 知哉(いしい ともや)

ステップ1:「出るもの」を知る

効率的に点数を上げるには、「出るもの」に的を絞るのが賢明です。当たり前のことですが、テストに出ないものを勉強しても点数にはつながりません。では、「出るもの」を知るにはどうしたらよいのか。2つのコツをご紹介します。

  1. テスト範囲表を賢く活用する
    多くの中学校では、定期テストの本番およそ1~2週間前にテスト範囲表が配布されます。テストの時間割と各教科の出題範囲が記載されたものです。提出物の範囲や期限が書かれることもあります。さらには、出題のポイントや勉強の注意点も教えてくれる太っ腹な先生もいます。テスト範囲表はまさに”宝の地図”なのです。
    これを失くしてしまっては元も子もありません。「範囲表をもらったら必ず机に貼る」という習慣が望ましいでしょう。特に失くし物の多いお子さんは要注意。テスト範囲表に限らず、提出物のプリントや問題集の答えは失くさぬようにしたいものです。自己管理が下手だと成績は上がりません。
  2. 授業中の先生のサインを見逃さない
    また、授業中に先生から「ここはテストに出ます(または出ません)」「このあたりは念入りに勉強しておいた方がいいかもしれませんよ」などと言われることがあります。
    こういう言動は「出るもの」を示すサインです。すぐにノートにメモを取っておく必要があります。特に、先生が問題を作成するテスト2週間前からの授業では、テスト範囲を聞き逃さないためにも、「ノートには、先生が重要だと言ったことも記入したほうがいい」と教えてあげましょう。

ステップ2:「できないもの」を知る

テスト勉強は「できない問題をできるようにすること」です。なので、わからない問題や間違えた問題を知る必要があるのです。まずは、授業中の問題や宿題の中で、次の3つの問題には×印をつける癖をつけさせましょう。

  • わからなかった問題
  • 間違えた問題
  • いい加減に書いたら、たまたま正解した問題

これらは、本番のテストで出題されても得点できない可能性が高いものです。これらの「できないもの」を一目で見てすぐに分かるようにします。

ステップ3:「できない」をなくす

これを実践できるかが、点数アップの要ともいえます。成績が伸び悩むお子さんは、不正解にも関わらず「1回解いたから、もういい」と考える傾向が強くあります。

大切なのは、解説やヒントを見ずに自分の力だけで正解できるまで繰り返すこと。2回目からはステップ2でつけた×印のついている問題を中心に解き直すのです。2回目で自力正解なら、攻略済ということで、○印をつけます。ダメならまた×印をつけます。

こうすると、できなかった問題ほど×印の数が多くなるので、苦手なものが一目瞭然です。何度も苦しめられた問題に○印がつくのは気持ちの良いもので、こうした達成感が自信や意欲につながるのです。ゲームのボス敵と戦うような感覚で取り組めると理想的ですね。

大事なのはステップ3までやりきらせることです。ステップ3にどれだけ時間をかけられるかが、テストで点を取れるか、取れないかの分かれ道です。テスト勉強のスタートは早いに越したことがありませんね。

※本記事は一般的な公立中学校を想定しています。中には本記事で紹介した攻略方法がそのまま当てはまらない学校もあることをあらかじめご理解ください。

石井 知哉(いしい ともや)

執筆

石井 知哉(いしい ともや)