学校の取り組みも知り、選択肢を増やそう

School Post

School Post > 学びを発見する > , , > 都立高校受検にむけて自己PRカードを知る

都立高校受検にむけて自己PRカードを知る

都立高校受験に必要となる自己PRカード。どういった使われ方をするのか?提出のタイミングは?何を書くの?などの様々な疑問にお答えします。
役に立ったらシェアしてね
  • Facebookシェア
  • LINEで送る

自己PRカードとは?

自己PRカードは、都立高校を受検する際に必要な書類の1つです。面接の際の資料として活用されます。
その際、自己PRカードは得点化せずに、選抜資料の1つとして総合的に活用されます。
たとえば、総合得点が同じ受検者の間で順位を決めるための資料の1つになるということです。

しかし、得点化されないからといって、手を抜いてはいけません。高校受検が自己PRカードに基づいて面接を行う以上、面接の得点に影響するからです。雑に書いたりウソの内容を書いたりすると、面接で質問されたことにきちんと答えられずに大失敗することもあり得ます。

面接で答える内容と合わせて考えて、余裕をもって書き上げておくべきです。出願前日に慌てて書いているようでは、推薦合格は無理だと思った方がよいです。

自己PRカードの提出はいつするの?

都立高校を志望する生徒には中学校で配付されるので、特殊な手続きは必要ありません。

自己PRカード提出のタイミングは入試の形態によって異なります。正確に把握しておく必要があります。

  • 【推薦入試の場合】

    出願の当日に、入学願書や調査書等と共に提出します。

  • 【一般入試の場合】

    <面接を実施する学校の場合>
    推薦入試と同じく、出願の当日に入学願書や調査書等と共に提出します。

    <面接を実施しない学校の場合>
    出願時には提出不要です。合格が決まった後、所定の書類と合わせて提出します。
    受検者の中学校時代の様子や高校への目的意識を確認するための資料として、あるいは高校入学後の進路指導のための資料として、活用します。入試の合否判定には影響ありません。

自己PRカードには何を書くの?

  • 志望理由について
  • 中学校生活の中で得たことについて
  • 高等学校卒業後の進路について

の3点が求められます。当然、面接試験でも必ず問われる項目です。わかりやすく説得力のある内容を目指しましょう。

    ポイントとして、
  1. 問われたことに対して的確に答える
  2. 具体的な内容を盛り込む
  3. 自分の過去・現在・未来をつなげる
  4. 受検校の「本校の期待する生徒の姿」を意識する

といった点を踏まえて書くと、面接にもつながる質の高い自己PRカードを作れます。

自己PRカードは何を気を付ければいいの?

黒のボールペンで記入するよう指示されています。こうした文書で誤記があった際に修正テープや修正インクで直すというのは、悪印象です。

実際に記入する際には、いきなり書くことはおすすめできません。コピーをとって、そこに書いて内容を固めてから、正式な用紙に清書をすべきです。

清書をする際にも、まずは鉛筆で薄めに下書きをしておきましょう。このとき、あらかじめ必要な行の数だけ線を引いておくと、文書の行間が整って見映えが良くなります。

その後、上からボールペンでなぞり、最後に消しゴムで鉛筆の字を消せばよいのです。こうすれば、間違えることはまずありません。ただし、ボールペンのインクが乾く前に強く消すと、インクがにじむので注意が必要です。

こうして仕上げた自己PRカードは必ず出願前にコピーしておきましょう。これを元に面接を行うことをお忘れなく。自分が何を書いたかを忘れてしまうと、面接の練習がしにくくなります。

自己PRカード提出はゴールではなく、推薦入試のスタートに過ぎません。自己PRカードで推薦の合否は決まりませんが、自己PRカードで推薦の合否は大きく変わるのです。

自己PRカードについてこちらもおすすめの記事です!

「都立高校 推薦入試 対策講座」開催が決定しました

School Postでは、東京都立高校の推薦入試に向けた対策講座を毎年冬に開催しています。

▼2018年度・講座概要▼

  • 自己PRカード作成コース
  • 【開講日】
    2017年12月17日

    自己PRカードの作成指導を基礎から完成までじっくり行います。

    「自己PRカードの書き方に不安がある」という方にオススメです。

  • 実践対策コース
  • 【開講日】
    2018年1月7日、14日、20日、21日

    面接、集団討論、作文・小論文の実践指導・練習をたっぷり行います。

    「実践練習を多くしたい」という方にオススメです。

ご興味がある方は、下記のページをご覧ください。

内申点アップ、一般入試の5教科(国、数、英、社、理)対策のための講座も実施しています。
「都立高校入試 合格ゼミ」詳細はこちら(School Post内の講座ページに移動します)

「都立高校 推薦入試 対策講座」が1冊の本になりました

School Post編集室では、2014年度から毎年実施している「都立高校 推薦入試 対策講座」を1冊の本にまとめました。

その名も『推薦入試対策の教科書』。

「面接」「集団討論」「作文・小論文」の基礎から応用まで、合格のためのノウハウをたっぷりと詰め込んでいます。

  • 面接で何を話せばいい?
  • 集団討論でついていけなかったらどうしよう。
  • どんな質問がされるの?
  • 作文と小論文の違いがわからない。
  • どうやって書いていけばいいのかわからない。
  • 原稿用紙の使い方がわからない。

こんな悩みを持つお子さん、親御さん。まだ諦める必要はありません。本書を読めば、上記のような悩みは解消し、読む前と読んだ後では大きく差がでることでしょう。

「今から対策しても間に合わないんじゃないの?」
そんなことはありません。まだ間に合います。本書を1回読めば、多くの疑問が解決するはずです。

都立高校の推薦入試で求められているのは「人間力」です。都立高校の推薦入試の対策を通じて学んだ知識や技術は、なにも高校合格のためにだけ使えるものではありません。大学受験でも、就職活動でも、社会に出て働くようになってからも、ずっと活きるものです。

ご興味がある方は、下記のページをご覧ください。

役に立ったらシェアしてね
  • Facebookシェア
  • LINEで送る
スタディサプリ ENGLISH

スクールポスト簡単アンケート

    現在、学校以外での受験勉強はしていますか?(複数回答)

2016.10.10
『推薦対策の教科書』改訂第2版を11月14日にリリースします。
2016.09.10
平成29年度「都立高校 推薦入試 対策講座」を開催します。
2015.09.18
内申点計算機が平成28年度都立入試対応版にバージョンアップしました!