School Post

MENU
2020年度都立高校推薦入試対策講座



いざという時に!?中学生からの学資保険とは?教育資金の見直しをしよう

いざという時に!?中学生からの学資保険とは?教育資金の見直しをしよう
お金の問題は重要です。教育にはお金がかかります。学費だけでも一般的に1千万〜2千万円くらい必要とされています。公立なのか私立なのか、選ぶルートによっても変わってきます。下宿する・しないでも大きく変わるでしょう。先の長い話としてでなく、思い立ったが吉日、今改めてお金を見直してみてはいかがでしょうか。

学資保険とは?中学生の子どもで加入できるものって?

学資保険とは子どもの教育資金の準備を目的とした保険のこと。高校進学や大学進学のために積立てる貯金のイメージです。

長期的な積立が一般的なため、加入時のお子さんの年齢に制限があります。制限としては、小学校入学までの6歳前後が多いようです。

そのため、中学生から入れる学資保険は基本的にはなさそうです。積立期間が短いことが理由になるようです。

もしまだ小学校の入学前のお子さんがいらっしゃる場合は、ぜひ検討をしてみてはいかがでしょうか。中学校以外のお子さんの場合、他にどのような方法でお金の準備ができるのでしょうか。

学資保険以外の選択肢は?

貯蓄という意味では、銀行の定期預金などのサービスが選択肢として考えられそうです。一度設定すれば自動的に積立されていきます。給料日の直後に振り込み日を設定すれば、「気付いたら使ってしまっていた」ということを避けられ、しっかりと貯金ができます。

積立金額は、お子さんの年齢と、その先の学業ルートによって決めるのがいいでしょう。今、中学生の場合は、高校は公立なのか私立なのか、大学も公立なのか私立なのか、さらに理系なのか文系なのか、また下宿するのか家から通うのか(仕送りの有無)も考えましょう。

こんな時代です。数年後のことなんてわかりません。ですので、「今はこうしようと思っている」ということをベースで考えるでいいと思います。もしくは一番お金がかかるケースで算出しておきましょう。

必要資金の算出がおわれば、それの逆算から毎月の積立必要金額がでるはずです。

教育ローンや奨学金の制度もあるので、こちらも存在を知っておく必要があります。これらは賛否がわかれる印象です。借りれるだけ借りたほうがいい派とそうでない派がいます。ケースバイケースになるので、きちんとメリットやデメリットを調べたうえで、ご自身の生活スタイルに合わせて選んでいく必要があります。

お金のことはお金のプロに相談。

「そんなこと言ったて難しくて分からない」という人も多いと思います。忙しい毎日の中で、調べる時間も十分にとれないご家庭がほとんどだと思います。

そんな時はお金のプロに相談するのが近道です。分からないことは聞いてしまえばいいのです。

相談の仕方も人それぞれですが、お金に関する考え方は個人差が大きいので、ひとりのプロの話を鵜呑みにすることはせず、複数人に相談して、自身のスタイルにあった方の相談に乗ることをお勧めます。

「いまだけ」「いつまでなら○○」という営業トークで契約を煽るケースもあるかもしれませんが、それでもじっくり考えた方がいいと思います。長期的な付き合いになるためです。

保険コネクト



  • 相談は完全無料
  • 全国各地で相談が可能
  • 保険相談者の約90%が満足と回答

今、保険にはいっているけど、なにも考えず言われるまま契約している人もぜひ相談してみてください。もしかしたら、今より有用なものが見つかるかもしれません。