School Post

MENU

フィリピン留学で英語漬けの環境を手にする

フィリピン留学で英語漬けの環境を手にする
英語学習の選択肢のひとつ、留学。実は、半年〜1年以上の長期だけでなく、1〜2週間から1ヶ月くらいの短期留学ができるのです。夏休みや冬休みの長期休みに英語漬けになる期間を設けることもできます。実際に短期留学を体験した編集Tが体験談を記します。
※数年前の体験をベースに記しています。全てがそうでないこと、そして今と違う情報がある可能性があることを予めご了承ください。

英語漬けになる方法を模索した結果

数年前に、1ヶ月間なにも予定のない期間があり、当時から”英語を話す”ことに憧れを抱いていた私は、そのなにもない1ヶ月を英語漬けにしようと思い立ったのです。

しかし、それまで英単語帳を買っては挫折し、英文法の参考書を買っては挫折し、と自分が意思が弱いことを知っていた私。当時、「今回は、他の方法で、半ば強制的に英語を学習することをしよう」と思ったのです。

そうして出した答えが「短期留学」。聞くところによれば、1週間からもいけるよう。

面倒な手配は不要。行けば、寮があって、ご飯は三食出てくる。そして学校のように週5日は授業があってマンツーマンで英語を学べるというもの。

場所は「フィリピン・セブ島」。異国の地で、日本語なしで過ごす数週間、ちょっと不安だなと思ったのですが、日本人のためにつくられたような学校も多く、生徒はほぼ日本人とのこと。同じ志をもつ仲間もいるのか、と私はフィリピン行きを決めたのです。

実際のところ英語漬けの生活だったのか

「周りに日本人ばかりだったら、英語漬けにはならないんじゃない?」なんて声も聞こえてきそうですが、結論、私がフィリピン・セブ島で過ごした2週間は間違いなく、人生で一番「英語漬け」でした。

日本人がいるといっても、基本はマンツーマン授業。それが朝食後から夕食までみっちりあります。さらに夕食後も任意の補習授業があり、英語に漬かるにはもってこいの環境です。そもそも学校の外にでることもないですし、外に出たとしても遊ぶようなところはなかったので、自ずとみんな英語に浸かっていきます(そもそもその目的で来ている人が大多数だと思いますし)。

私は授業のあと、任意の補習にも出てましたし、補習がない日は自習室で単語を覚えたりしていました。

土日になると、多くの人が海へ出かけていました。ツアーにも参加できるようで、海でボートやシュノーケリングを楽しんでいたようです。私は、そもそも水着を持って行ってなかったのと、必要最低限のお金しかもっていってなかったので、土日も寮にこもって勉強していました。なので、2週間、みっちりと英語に浸かっていたわけです。

2週間の短期留学の結果どうなるか

2週間、みっちり英語漬けになった結果、英語はぺらぺらになるのか?

その答えはNoです。これはスタートのレベルにもよるかもしれませんが、少なくとも私はペラペラにはなりませんでした。ただ、2週間前の自分との差は、自分ではっきりわかるくらいにはなっています。 たどたどしくもありますが、2週間で印象に残ったことと先生やスタッフ、一緒に学んだ友人たちにお礼のスピーチを英語で言えるくらいにはなります。

もっとはっきりした差を感じるのはヒアリング能力です。2週間前、ほんとうに授業中、先生が何を話しているのか、全然分からずで、何度も何度もPardon?って聞いてましたが、最終日になるころには、聞き返すことはなく、なんとなく全て聞き取れます。ただその言葉の意味がすぐにつながらないので、リアクションはまだまだ遅かったと記憶してます。

あとひとつ良かったなと思うこととしては、「英語に対する抵抗」がなくなったことです。

それまでは、やってもやっても、話せない、聞き取れない、続かない、みたいな状態だったので、英語に対する苦手意識のようなものがあったのですが、それがなくなったのは大きいと思います。自分の考えや意見を英語で伝えることは簡単ではないですが、不可能ではない、ということがわかったので。

なので、長期の休暇があるなら、絶対お勧めです。何度も来ているって人もいましたし、親と一緒にいけるプランを用意しているツアー会社もあります。「毎年、お母さんと来ています」なんて子も実際いました。

英語を身につける強烈な体験を望んでいる方は、ぜひ検討してみてください!

日本人による日本人のためのフィリピン セブ島語学学校【First Class】





留学できないのなら

もしくはそこまで考えてない、って方は、最近だとオンライン英会話サービスがいいのでは? オンラインで授業ができるので、運営元は教室代がかからず安価にサービスを提供できますし、あなたは移動の時間を節約できます。また家だとリラックスして受講できそうですし。

たくさんのオンライン英会話サービスがありますが、すこしだけ紹介しておきます。

全く新しいオンライン英会話 予習復習不要マンツーマン英会話スクール【アクエス】

  • 予習復習は一切不要の全く新しいスタイルが特徴
  • 日本人とフィリピン人が交互にレッスンするハイブリッドスタイルで費用は抑えられ効率的に学習
  • 50分週3回のレッスンで、自分だけでの学習が不要のカリキュラムなので、ひとりで進めるが苦手な方にぴったりかも!

オンライン英会話スクールではない、オンライン英会話スクール「アクエス」




中学英語を使える英語に!動画で学ぶ英会話教材【JJ ENGLISHエクササイズ】

  • 東進ハイスクールのカリスマ講師・安河内哲也、「パワー音読」の開発者・横山カズらが監修&コーチ
  • 教材の開発協力は講談社。45万人以上が購読した教材がベースだから、安心して学習できる
  • 「パワー音読」を始めとした7種のエクササイズで「聞ける」「話せる」の運用力を着実に育てます。

安河内哲也先生を始めとした実績のある実力派講師陣が監修&コーチ!




オンライン英会話コーチ「スパルタバディ」

  • ラインを使って日々の学習サポートを受けられます
  • 初にスピーキングのレベルチェックを行い、ゴール設定と学習の計画を作成
  • 3ヶ月の受講完了後には同じレベルチェックを受け、学習前後の成長度を明確化

最短距離で目標達成へ「スパルタバディ」




楽ではないから成果が出る!1年英語マスタープログラム「トライズ」

  • 専属コンサルタントとネイティブ講師が1年間サポート、継続率も91.0%と非常に高い
  • 学習時間は週3回のレッスンを含め、1年間で1000時間
  • 成果の確認には、Versantという米国大使館でも採用されている英会話テストを使用

【無料カウンセリング】トライズなら1年で英語が身につく3つの理由




英語学習の第一歩は、日常的に英語に触れること。その頻度をあげればきっと英語は身につくはず!