学校の取り組みも知り、選択肢を増やそう

School Post

読書感想文かんたん完成キット

上手うまい・やすい・はやい」読書感想文を書く方法

「うちの子、文章を書くのが苦手なのよね」
「毎年夏休みに読書感想文が宿題で出るけど、いっこうに進まない」
「教えてあげるにも何を伝えれば書けるようになるのかわからない」
「そもそも何を読んだらいいか分からない」

毎年夏休みになると多くの中学生と親を悩ませる読書感想文。あなたもこんな思いをしたことはあるのではないでしょうか?

最近では「宿題代行」なるものがニュースで取り上げられたりしています。 如何なる理由であっても教育的に決して良いものではありません。

では、この読書感想文をどうしてくれようか。 確実に、且つ簡単に読書感想文を書く方法とは・・・?

本キットを、テキストを読みながら穴埋めをする感覚で使うと、あら不思議! 自然と感想文ができあがる!そんな魔法のようなキットになります。

自分の力で簡単に書ける。親御さんは、本キットを手渡すだけ。 ご予約お待ちしています!

販売サイト(STORES.jp)に移動します

教材の内容

目次

サンプルボタンをクリックすると表示が変わります。

サンプルページ
  • 表紙
  • 本の読み方1
  • 本の読み方2
  • 原稿用紙のルール
  • 構想を練る1
  • 構想を練る2
  • 原稿を書く

ボタンをクリックするか、サンプルページをフリックするとページが切り替わります。

本教材の概要

金額980円〔送料込み〕
ご購入方法 購入ボタンを押すと提携先の外部サイト(STORES.jp)に移動します。
そちらからお名前、住所、お支払い方法 等を入力・選択しお申し込みください。
お支払い方法 クレジット決済、コンビニ決済、銀行振込からお選びいただけます。
発注について 料金は発送費込みです。(沖縄・離島は別途料金が発生します)
ご注文確定後、発送致します。
対象 「読書感想文」の宿題にお悩みの方。中学生向けの説明となっていますが、保護者さまや先生のサポートがあれば、小学生の方でも十分ご利用いただけます。
特徴読みながら書き込みをするだけで、誰でも簡単に「読書感想文」が書ける!(原稿用紙は本キットには付属されておりません)
企画・編集
執筆・販売
株式会社QLEA 教育事業部 スクールポスト編集室

販売サイト(STORES.jp)に移動します

著者紹介

石井 知哉
石井 知哉(いしい ともや)

塾業界に身を置き約20年。現在は株式会社QLEAが経営する個別指導塾を統率する。 長年の経験に基づき、小学生から高校生まで深く幅広い指導のノウハウを持つ。 また教材ソムリエとしての顔を持ち、あらゆる教材に精通。

キットが自宅に届くまで

販売サイト(STORES.jp)に移動します

お問い合わせ先

株式会社QLEA 教育事業部 School Post編集室

電話でのお問い合わせ

03 – 6410 – 2991

【受付時間】月曜〜金曜 10:00〜17:00

詳細内容

第1章:本の選び方

本章では、本の選び方について解説しています。上手に本を選ぶことが出来れば、感想文は格段に書きやすくなります。
「これから本を読む人」「まだ読む本が決まっていない人」「読む本がそれでいいのか不安な人」に向けた内容です。
読書感想文が書きやすい本の選び方を5つ、紹介しています。
その中に「自分の興味がある本」という選び方があります。しかし、「自分は何に興味があるのか」がハッキリしていないお子さんもいるのも事実です。
そこで本書では、自分の興味が分かる5つの質問を用意しています。
質問に対して、素直な気持ちで答えられれば、お子さんの興味は自ずとわかってくるはずです。
さらに、本の選び方の次は、本の探し方も3つ紹介しています。
これらは、探す上でそれぞれのメリットがあります。
例えば「実際に本を手にとってみたい人」「とにかく早く本を選びたい人」「自分に一番合った本を知りたい人」など、求める探し方によって変わるのです。
本章で、「本を手にする」までの自分に最適な方法を見つけてください。


第2章:本の読み方

本章では、本の読み方について解説しています。
読書に慣れていない人でも、読書感想文を書きやすくするための本の書き方があります。
特に、「普段、読書する習慣がない人」「本を読むのに時間がかかる人」「読んだ内容を忘れてしまう人」に向けた内容が詰まっています。
本の読み方は2つの方法があります。
そのうち、お勧めしたい方法は「読書日記」を用いた方法です。
「読み終わると内容を忘れてしまう人」に特にお勧めの方法です。
読書日記の使い方は簡単です。読みながら、日記のように、思いつくまま、記録・メモをつけていくのです。
正しく記録・メモすれば、この読書日記をもとに、すごく簡単に読書感想文を書くことができます。
本書には、詳細な使い方と4日分の「読書日記の記入例」、12日分の「読書日記スペース」を用意しています。
本書に書き込みながら、読書を進めてください。
そうすれば、より簡単に読書感想文を書くことができるはずです。


第3章:読書感想文の基本

読書感想文は「何を書くか」「どう書くか」の2つの基本を理解し身につけられれば、簡単に書くことができます。これが、最も簡単に読書感想文を書き上げるコツなのです。
本章は、「読書感想文をどう書いたらいいか分からない」「読書感想文の書き始めをどうしたらいいか分からない」「読書感想文をどうまとめていいか分からない」という方に向けた内容です。
読書感想文は、自分の感想を書くものなので、内容は自由ですが、型は存在します。
「読書感想文、何を書いたらいいの」とお悩みの人は、「オープ二ング」「あらすじ」「感想」「エンディング」の4つのパートを意識するといいでしょう。
本書では、この4つのパートをそれぞれ「何を書く」「どう書く」の観点から紹介しています。
さらに、全体における各パートの分量、具体的な例文などを紹介しています。
例えば、「オープニング」パートは「読む前の自分に着目して書く」「分量は全体の10%(5枚なら1枚の半分)」「例文:私が読んだ本は、◯◯◯さんの書いた『△△△』という本です」などなど詳細に紹介しています。
最後には、完全な完成例も載せています。実際に書かれた読書感想文を見ながら、それぞれのパートがどの程度で、どのように書かれているか、参考にできるようになっています。
もちろん、写すのはダメですよ。


4章:原稿用紙のルール

読書感想文と原稿用紙はセットで考えるべきです。
原稿用紙の使い方が曖昧で不安・・・。という気持ちも読書感想文を遠ざける理由の一つになっていませんか?そんな人も本章を読めば、不安は解消します。
原稿用紙の使い方を、一つひとつ実例と一緒に紹介しています。
題名・氏名の書き方はもちろんのこと、段落の変え方や句読点のルール、数字の扱い方、かぎかっこ(「・」)の使い方など。
実際に原稿用紙に書かれた例文を元に説明しているので、「文章だけでは理解しにくいかも」と不安な人も安心してください。本章を読めば、正しい使い方で自信をもって原稿用紙に書き込んでいけるようになります。


第5章:構想を練る

この章では、読書感想文を書くための下準備について説明します。
読書感想文は、いきなり書き始めても「途中で書き忘れがあったり、何を書いているか分からなくなったり」と上手くいかないもの。
ですから、下準備が必要なのです。この下準備が読書感想文を簡単に書く秘訣です。
そのために本書では、「構想シート」を用意しました。構想シートは読書感想文を簡単に書くための設計図のようなもの。これをキチンと作れば、読書感想文が書けない、と悩むことはほぼなくなるはずです。
構想シートは、読書感想文を書くための質問が集まったものです。
20ページの中に約100個もの質問を用意しました。
もちろん、全てを答える必要はありません。書けるところから、書けば良いのです。
さらに、本書には構想シートの各質問に対する回答例も用意しています。
「質問の答え方が分からないかも」と不安な人も安心です。
また、もし「文章を書くのが苦手だし、不安だよ」という人は、まず質問に対して、「話してみる」ことから始めるといいでしょう。「書いてください」よりも「話してください」の方が、言葉が出てきませんか?
本書には、このようなテクニックも載せています。「文章が苦手」とお悩みの人は、ぜひご活用ください。


よくあるご質問

キットは何が届きますか?
キットは1冊の本としてまとまっております。 中にある質問や指示に答えていくだけで感想文が完成する形になっています。
読書用の本も同封されていますか?
同封しておりません。本はご自身でご用意ください。
原稿用紙は同封されていますか?
同封しておりません。原稿用紙はご自身でご用意ください。
作文が苦手です。本当に簡単ですか?
作文が苦手な人でも、簡単に書けるように開発しております。 本さえ読んでいただければ、誰でも簡単に書けるはずです。
小学生ですが、使えますか?
もちろん、使えます。ただし中学生以上のお子さんを対象としていますため、 中には小学生のお子さんには難しい表現があるかも知れません。 そのような際は、親御さんが協力してあげてくだされば、問題ありません。
高校生ですが、使えますか?
もちろん、使えます。「文章に自信がない」や「読書感想文を早く終わらしたい」など の思いにお応えします。ぜひ、ご活用ください。
宿題代行のようなサービスですか?
いえ、ご自身でやっていただきます。 我々は教育に関わる者として「宿題はご自身でやるべき」だと考えております。 本キットは、読書感想文の書き方を導き、ご自身で書くことのお手伝いとなる教材です。
店頭でも買えますか?
本サイトでの限定販売となります。ここでしか買えないオリジナルのキットです。 数量にも限りが御座いますため、お早めにご注文ください。
キット料金の他にかかる費用はありますか?
原則ございません。送料も無料でお届けしております。
申し込み後、到着まではどれくらいの日数がかかりますか?
弊社にてお申し込みとご入金の確認後、2営業日以内に発送手続きを行います。 日数につきましてはお届け先住所によって変わりますが、3日以内にはお届けできるかと存じます。
購入後のサポートサービスはありますか?
申し訳ございません。サポート等のサービスはご用意しておりませんが、使い方について解説した動画を無料で公開しております。 そちらと合わせてご覧いただくと、よりいっそう効果的です。
塾・家庭教師先にて教材として取り扱いしたいのですが、問題ありますか?
問題ございません。ぜひご活用いただきたいと思いますが、その旨一報いただけると幸いです。

注意事項

以下、注意点に予めご了承いただきます様、お願い申し上げます。

  • ・本テキストは数量限定です。在庫がなくなり次第受付を終了いたします。
  • ・原則として、お申し込み後のキャンセルは受付けておりません。もしキャンセルとなる場合、料金の100%を請求させていただきます。
  • ・本テキストは、感想文のコンテスト等の入賞を目的としていません、またお約束するものではありません。
  • ・返品・交換は受け付けておりません。