学校の取り組みも知り、選択肢を増やそう

School Post

School Post > 学びを発見する > , > 都立高校の推薦入試と一般入試の違い_2015年度版

都立高校の推薦入試と一般入試の違い_2015年度版

都立高校の入試には『推薦入試』と『一般入試』があります。今回は2015年度入試のそれぞれの違いについてご紹介します。
役に立ったらシェアしてね
  • Facebookシェア
  • LINEで送る

日程(出願・試験・合格発表)

まず、注目したいのは日程です。推薦入試と一般入試は出願日も試験日も合格発表日も違います。

  • 出願日

    推薦入試:2015/1/21
    一般入試:2015/2/5 – 2015/2/6
    出願日とは、「受検します」と宣言する日です。これは受検希望の高校に出願書を提出する必要があります。

  • 入試日

    推薦入試:2015/1/26 – 2015/1/27
    一般入試:2015/2/24
    入試本番日です。推薦入試は2日間に分けて行われます。一方、一般入試は1日のみです。学力テストだけですが、5教科全てを1日で受検しますので、体力も必要ですね。

  • 合格発表日

    推薦入試:2015/2/2
    一般入試:2015/3/2
    受検結果が発表される運命の1日です。推薦入試の合格発表後に一般入試の出願がきます。推薦入試の結果をもって、一般入試の受検先を選ぶことができるのです。

受検資格・内容

  • 受検資格

    推薦入試:中学校の校長からの推薦が必要
    一般入試:原則、出願すれば受検可能
    受検資格についてです。推薦入試は、通学する中学校の校長先生の推薦が必要になります。そのため”誰でも受けられる”わけではありません。中学校側は、学校からの推薦になりますので、著しく素行の悪い生徒や成績が満たない生徒は推薦をしてくれません。反対に一般入試は原則、出願すれば誰でも受検が可能です。

  • 受検内容

    推薦入試:調査書、集団討論、面接、作文・小論文
    一般入試:調査書、学力検査
    共通しているのは調査書。これはいわゆる内申点のことです。評定、観点別評価を点数化して評価されます。一般入試の際は、実技4教科の評定が優位に評価されます。その他推薦入試の検査は普段の学力とは違う点を評価されます。しっかり対策しておきましょう。一般入試の学力検査は主要5教科もしくは3教科など学校によって違いがありますので注意しましょう。

昨年度のデータ比較

  • 受検者数

    推薦入試:29,496人
    一般入試:45,148人
    昨年度の推薦・一般入試の受検者数の違いです。推薦入試は受検資格の制限がありますから、当然一般入試の方が多くなります。

  • 合格者数

    推薦入試:9,120人
    一般入試:31,941人
    昨年度の推薦・一般入試の合格者数の違いです。合格率は推薦入試が約30.9%、一般入試が約70.7%ですから推薦入試で合格することがいかに難しいか分かります。

上記の数字を見ると、「推薦入試=合格は難しい」となり、一般入試対策に力をいれて、推薦は「受かったらラッキーの運任せ」という方も少なくないのではないでしょうか。

しかし、だからこそ、しっかり対策することが大切です。まだ他の受検者が対策をしていないからこそ、対策することで推薦入試の合格をグッと近寄せることができるからです。

とはいえ、今まで経験のない集団討論や面接を1日だけ対策したからといっても効果は薄いでしょう。集団討論、面接、作文・小論文とあるのですから、1教科1日分くらいの学習は必要ですね!

「都立推薦入試対策講座」開催が決定しました

平成28年度(2016年1月実施)の東京都立高校の推薦入試に向けた対策講座を開催します。
詳細は下記の講座ページをご覧ください。

都立推薦入試対策講座

役に立ったらシェアしてね
  • Facebookシェア
  • LINEで送る
メルマガ会員募集中

スクールポスト簡単アンケート

    現在、学校以外での受験勉強はしていますか?(複数回答)

2016.10.10
『推薦対策の教科書』改訂第2版を11月14日にリリースします。
2016.09.10
平成29年度「都立高校 推薦入試 対策講座」を開催します。
2015.09.18
内申点計算機が平成28年度都立入試対応版にバージョンアップしました!