学校の取り組みも知り、選択肢を増やそう

School Post

School Post > 学びを発見する > , , > 原稿用紙の使い方・ルール

原稿用紙の使い方・ルール

役に立ったらシェアしてね
  • Facebookシェア
  • LINEで送る

題名・氏名の書き方

原稿用紙を前にして、最初の書き出す部分です。ここのルールが曖昧で自信がなく「読書感想文」自体が書けなくなってしまう、、なんてお子さんも少なくないはず。サッと確認して次に進んでしまいましょう。

  • ① 題名は、上を2〜3マス空けて書く。(最初の1行を空ける場合もある)
  •  氏名は、題名の下か、次の行の下の方に書く。下を1〜2マス空け、姓と名の間は1マス空ける。

ちなみに、都立高校などの入試問題などで作文・小論文が出題される際は、場合によっては「題名・氏名は書かず、本文から書き始めよ」と指示される場合があります。このような場合は、指示にしたがいましょう。

本文の書き方

さぁ、いよいよ本文です。もしかしたら、原稿用紙に対して複雑なイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、ルールはそこまで多くはありません。サッと目を通しておけば問題ないでしょう!

  • 最初の書き出しは1マス空ける。さらに段落を変える時は、改行して、書き始めを1マス空ける。
  • 原則、読点[、]や句点[。]は1マス使う。しかし、これらが行の最後になる場合は、読点・句点は最後のマスの文字と一緒に書く。
  • 縦書きの場合、数字は原則として漢数字(一、二、三、・・・)を使う。
  • 会話文は「 。」で囲み、改行する。
  • 「」類は原則1マス使う。しかし、会話の最後の句点[。]と閉じかぎ[」]は、一緒のマスに書いて良い。
  • リード(・・・・・・)やダッシュ(ーー)は2マス分使用する。

「?」や「!」などの符号のあとは1マス空ける。但し、次が閉じかぎ[」]の場合は1マス空ける必要はない。


以上が、原稿用紙の基本的なルールです。「題名・氏名」、「本文」の使い方・ルールは合わせても10個もありませんね。

    上記使い方・ルールについて、原稿用紙上の実際の使われ方は以下より確認できます。
  • 原稿用紙・使用例

夏休みの宿題で読書感想文が出され、本記事をお読みいただいた方へ
もし「よぉしっ!原稿用紙の使い方は分かった!・・・でも、感想文が書けない・・・。」とお困りでしたら、以下よりスクールポストオリジナルの読書感想文キットをご活用ください。
いくつかの質問に答えると、自動的に読書感想文を完成に導くことができます!

役に立ったらシェアしてね
  • Facebookシェア
  • LINEで送る
メルマガ会員募集中

スクールポスト簡単アンケート

    高校選びで最も気にするポイントは??

2016.10.10
『推薦対策の教科書』改訂第2版を11月14日にリリースします。
2016.09.10
平成29年度「都立高校 推薦入試 対策講座」を開催します。
2015.09.18
内申点計算機が平成28年度都立入試対応版にバージョンアップしました!