学校の取り組みも知り、選択肢を増やそう

School Post

School Post > 学びを発見する > , > 読書感想文を構成する4つの要素を理解すれば、感想文は簡単!

読書感想文を構成する4つの要素を理解すれば、感想文は簡単!

読書感想文を面倒だと考える人は少なくありません。なぜ面倒なのか、その理由の一つに「自由すぎる」というのがあります。自由が故に「何を、どう書いたらいいかわからない」という悩みがでるのです。そこで本記事では、読書感想文を構成する4つの章の紹介とそれぞれの内容を例文とともにご紹介します。読書感想文でお悩みの方は、ぜひご活用ください。
役に立ったらシェアしてね
  • Facebookシェア
  • LINEで送る

読書感想文は4つの章で構成できる

読書感想文は、4つの章を意識することで、書きやすくなります。書く前に大まかな道筋を立てておくことで、書く時に迷いにくくなるからです。本記事で紹介する4つの章をそれぞれ理解すれば、「何を書いたらいいかわからない」という人から「どう書いたらいいとわからない」という人のお悩みも一挙に解消するはずです。

    それら読書感想文を構成する4つの章とは、
  • オープニング
  • あらすじ
  • 感想
  • エンディング
  • この4つです。

これらを意識するだけで、読書感想文は驚くほど簡単に書くことができます。これらがどういったものなのか、例文と目安分量を含めご紹介します。

オープニング

読書感想文を書き出す時は、「オープニング」を意識しましょう。本と出会ったきっかけや、選んだ理由などの「本と出会うまで」を書くといいでしょう。

例文としては、「◯◯◯に興味があったから」や「主人公と自分が同い年で同じ部活動をしているから」などになります。

後述する「エンディング」につながるようにセットで書くことで、より書きやすくなります。
分量としては全体の10%程が目安です。つまり原稿用紙5枚に書く場合は、1枚の半分くらいです。その分量の中で「読む前の自分のこと」を紹介してみましょう。

あらすじ

オープニングに続くのが「あらすじ」です。学校や先生によっては「あらすじ」は必要ない、とされる指示がある場合があります。それらの場合は当然書かないのが賢明ですね。

「あらすじ」とは、本の概要です。題材とした本の内容を、あなたの読書感想文を読む人が知らない場合もあります。そんな、その本を初めて読む人のために本の内容を説明したものが「あらすじ」なのです。

これは本の紹介・説明になりますので、「感想」ではありません。まれに終始「あらすじ」だけだったという人もいますが、それは読書感想文ではありませんね。ですから、「あらすじ」はなるべく少ないほうがいいのです。

分量としては、オープニングと同程度の全体の10%くらいが目安でしょう。原稿用紙5枚ならば、1枚の半分ほどです。

    書くとしたら、以下のような例文を参考にするといいでしょう。
  • この本は◯◯◯(いつ)の△△△(場所)を舞台にした話です。
  • 作者の中学生時代をモデルにしているストーリーです。

簡単に説明してあげるだけで、問題ありません。

感想

あらすじが書き終わったら「感想」部分です。ここが読書感想文の要になります。一番ボリュームが必要ですし、一番苦労するのもこの部分でしょう。

ここは、変に難しく考える必要はありません。「あなたの感じたこと」を書けばいいのです。もっと具体的にすると、「読んでいる間や読み終えた後に思ったことや感じたこと」です。

    まだイメージが掴めない方は以下の例文を参考にしてみてください。
  • 私が好きだと感じた登場人物は、◯◯◯です。なぜなら△△△だからです。
  • この物語の中で、私は◯◯◯に共感しました。
  • ◯◯◯が言った「△△△」という言葉が心に残りました。
  • などなど。

本を読めば、なんらかの感情の変化はあるはずです。読みながら、自分が今どう思ったか・思っているか、喋ってみるといいでしょう。それを文字に起こせば、立派な感想文になります。

繰り返しになりますが、読書感想文で一番大切な部分です。当然、分量も一番多くないといけません。目安としては全体の60%くらいです。原稿用紙5枚でいうと3枚ほどは「感想」で埋めるのが目安となります。

エンディング

感想が書ければ、あとは締めくくるだけですね。「エンディング」はまとめの部分です。読んだ後の自分の変化を書くといいでしょう。

    例文としては、
  • 私は、この作品を◯◯◯な人に読んで欲しいと思います。なぜなら、△△△だからです。
  • この作品と出会って、私は◯◯◯の大切さを知りました。それは△△△の場面からです。
  • 作者の◯◯◯が書いた同じテーマの他の作品も読むつもりです。
  • などなど。

オープニングで書いた「本を読む前の自分」と比較して、どんな変化があったかというのを書くと、理想的です。分量としては全体の20%が目安になります。原稿用紙5枚の場合、1枚程度は「エンディング」として締めくくりましょう。


以上が読書感想文を構成する4つの章立てです。本記事は以下に紹介する「読書感想文かんたん完成キット」から抜粋した情報です。「もっと例文を知りたい」や「本の選び方・読み方」もわからないという方は、一度見てみてはいかがでしょうか?

役に立ったらシェアしてね
  • Facebookシェア
  • LINEで送る
メルマガ会員募集中

スクールポスト簡単アンケート

    高校受験の準備はいつ頃から?

2016.10.10
『推薦対策の教科書』改訂第2版を11月14日にリリースします。
2016.09.10
平成29年度「都立高校 推薦入試 対策講座」を開催します。
2015.09.18
内申点計算機が平成28年度都立入試対応版にバージョンアップしました!