学校の取り組みも知り、選択肢を増やそう

School Post

School Post > 学びを発見する > , > 自己PRカードで印象を残す書き方

自己PRカードで印象を残す書き方

自己PRカードは、推薦入試の面接の道しるべとなるもの。ここで印象に残るようなことをアピール出来たら、面接も思い通りに進めることができるでしょう。では、どのようにして書けば、面接官に良い印象をもってもらえるのか、ご紹介します。
役に立ったらシェアしてね
  • Facebookシェア
  • LINEで送る

自己PRカードの全テーマに共通するポイント

都立高校推薦入試で提出が必須となる自己PRカード。
得点化されないとはいえ、これを元に面接を行うため、決しておろそかにできません。

    書くべきテーマは
  • 志望理由について
  • 中学校生活の中で得たことについて
  • 高等学校卒業後の進路について

の3点です。

しかし、 「どう書いたらいいのだろう・・・」「どんなことを書けばいいの?
そんな悩みを抱く受検生も多いことでしょう。

上記の3テーマは、入試の面接でも必ず問われます。ですから、自己PRカードも面接を意識しながら書くと、面接での高得点につながります。

そのためには、

  1. 問われたことに対して的確に答える
  2. 具体的な内容を盛り込む
  3. 自分の過去・現在・未来をつなげる
  4. 受検校の「本校の期待する生徒の姿」を意識する

の4つがポイントになります。

それぞれ詳しくみていきましょう。

その1:問われたことに対して的確に答える

「当たり前のことだろう」と思われるかもしれませんが、書き上がったものを読んでみると、意外とできていないことの多いポイントです。特にその高校への思い入れが強い人や伝えたいことがたくさんある人は要注意。あれこれと書き連ねていくうちに、問いから外れたことを書いていたり、伝わりにくかったり、という失敗に陥りがちです。

そうした失敗を避けるために

  • 問いの内容を正確につかむ
  • それに対して短く答える
  • その答えを更に深く掘り下げる

という3ステップで内容を固めていくのがおすすめです。

複数のことに触れる場合は、
①私が〜〜は2つあります。
②第1に〜〜。
③第2に〜〜。
という構成にすると伝わりやすい文章になります。

その2:具体的な内容を盛り込む

高校入試の面接官にとって、受検者はみな初対面の相手です。普段の様子など知るよしもない以上、その受検者のことを知る方法は自己PRカードと面接の内容しかありません。

また、数百人もの受検者のいる推薦入試ですから、面接官は1日だけでかなり数の自己PRカードを読み、面接を行うわけです。そのため、抽象的な内容を答えるだけでは、他の受検者と似たり寄ったりのものとなり、面接官の印象には残りにくいのです。

何より、抽象的な内容では、説得力にも欠けます。
たとえば、

Aさん:「進学指導に力を入れているから、この高校を志望しました」
Bさん:「進学指導に力を入れているから、この高校を志望しました。特に土曜日や夏休み・冬休みの講習が充実しており、大学進学に向けて充実した勉強ができる点が自分には合っていると思いました

読み比べてみると、ずいぶんと伝わりやすさが違いますね。

このように、具体的に書くと説得力が増します。自分の実体験や実際にあったエピソードを加えると、他の受検者にはない“自分なりのオリジナリティ”を加えることができ、面接官の印象に残りやすくなります。

たとえばどんなことがあったかな?」「特にどんなことがあるかな?」と自分に問いかけながら、作成してみましょう。

その3:自分の過去・現在・未来をつなげる

自己PRカードには、中学校生活、志望理由、高校卒業後の進路について記入するわけです。これら3つの質問項目を見て気付いた方もおられるかもしれません。

  • 中学校生活での体験を通じて得たこと〔過去
  • 高校卒業後に思い描いている進路〔未来
  • この高校に入学したい理由〔現在

自己PRカードは“受検者の過去・現在・未来を語る場”なのです。ですから、この3つがうまく絡み合ったものになると、一貫性のある内容になります。

たとえば志望理由も、ただ「この高校に入りたい」というだけなら、誰でも言えることです。したがって、面接官に「この生徒には是非うちの高校に来て欲しい!」と思わせることは、おそらく無理でしょう。

そこで、「中学校生活をはじめ、これまでの人生でこういう体験をしてきた」という過去と「将来はこんな希望を抱いていて、高校卒業後はこういう道に進みたい」という未来から「だから自分が最も成長できる環境として、この高校に入学したい」という現在を導けると、どうでしょう。「きちんとした考えを持っているな」という印象を与えられますし、このように整理しておけば、面接で細かく質問されても答えやすくなりそうです。

何を書こうか迷ったときには、こうした視点から書くべきネタを選定するのも手です。

その4:受検校の「本校の期待する生徒の姿」を意識する

どの高校も「本校の期待する生徒の姿」を公表しています。つまり、「うちの高校ではこういう生徒に入学して欲しい」「うちの高校はこういう生徒を育てたい」という“高校側が求める生徒像”がはっきりと示されているのです。

推薦入試というのは、突き詰めれば、“高校側が求める生徒像”にマッチする受検者を選抜する試験です。ですから、自己PRカードや面接では、「本校の期待する生徒の姿」に沿った内容が理想的なものです。

特に志望理由については、
「この学校を志望した理由と入学してから自分が取り組みたいと思うことなどについて『本校の期待する生徒の姿』を参考にして記入しましょう。」
とのカッコ書きがあります。

これを意識すると、「この学校でなければダメなんだ」という強い気持ちのこもったものになります。実際の面接の場でも、説得力のある話を展開できそうです。

「本校の期待する生徒の姿」は東京都教育委員会のホームページで全校分を閲覧できます。

志望校については必ず確認しておくべきですね。

以上の4つのポイントを踏まえることで、面接につながる質の高い自己PRカードを書けます。

もっとも、いきなり文章の形にしようとする必要はありません。どんなことを書くか、まずはメモを作り、構成を組み立ててから文章にするのが効率的な方法です。

高校によっては、自己PRカードの記入例を公表していることもあります。志望校のホームページで確認して、記入例があればその指定には従う必要があります。

自己PRカード提出はゴールではなく、推薦入試のスタートに過ぎません。自己PRカードで合否は決まりませんが、自己PRカードで推薦の合否は大きく変わるのです。

都立推薦入試の対策専用教材

School Post編集部では、2014年度から毎年実施している「都立高校推薦入試対策講座」を1冊の本にまとめました。

その名も『推薦入試対策の教科書』。

「面接」「集団討論」「作文(小論文)」の基礎から応用まで、合格のためのノウハウをたっぷりと詰め込んでいます。

ご興味がある方は、下記のページをご覧ください。

「都立推薦入試対策講座」開催が決定しました

平成28年度(2016年1月実施)の東京都立高校の推薦入試に向けた対策講座を開催します。
詳細は下記の講座ページをご覧ください。

※本年度の募集受付は終了しました。2017年度講座については,本サイトにて2016年9月よりご案内致します。

役に立ったらシェアしてね
  • Facebookシェア
  • LINEで送る
メルマガ会員募集中

スクールポスト簡単アンケート

    お子さんの成績が伸びにくいと感じる教科は??
    複数選択できます!

2016.10.10
『推薦対策の教科書』改訂第2版を11月14日にリリースします。
2016.09.10
平成29年度「都立高校 推薦入試 対策講座」を開催します。
2015.09.18
内申点計算機が平成28年度都立入試対応版にバージョンアップしました!